不動産売却のポイント|業者を効率良く探す方法

模型とメンズ

内緒で売る方法

積み木のマンション

内緒で売ると不利に

マンション売却の際によくあるのが、近所に内緒で売りに出したいという売主側の希望です。ですが、スムーズな宣伝活動をするのであれば近隣に知られずに売るのは不利となります。不動産業者にはレインズという独自の閲覧サイトがあるので、宣伝活層をせずとも不動産会社には自分の物件を知らせることができますが、この場合、お客さんに対して紹介できるのが実際にお店に足を運んでくれたときのみになり、宣伝できるチャンスが大きく減少します。もし紙媒体で宣伝するのであれば自分のマンション周辺を配布禁止区域に設定しておけば自分の周辺の住民にはマンション売却をしている事実を知られることがなくなります。とはいえ、近隣に知れてもいいという気持ちで売りに出したほうが幅広く宣伝できることは事実です。

申し込みを受けたら

マンション売却の際、購入申し込みの連絡を受けるときは長年の苦労が報われた何とも言えない瞬間です。しかし、購入申し込みの連絡を受けたからと言って、手放しで喜ばないようにしましょう。購入申し込みはあくまでも買い手側の一方的な意思表示で本契約ではないので、もし購入申し込みの連絡をしても、他に良い物件を見つけたら買い手側はほかの条件の良い物件に変更することが簡単にできます。買い手側にほかの物件を見学させる余裕を作らないためにも、もし購入申し込みの連絡を受けたらできるだけ早く契約の話し合いをするようにしましょう。また、マンション売却の契約の際、申込用紙の記入欄で注意してほしいのは手付金の欄です。手付金が少ないと、手付金を放棄してほかの物件に変更される可能性もあるので、そういった場合は遠慮なく契約時に手付金の値上げを提示してください。